読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクッとエイゴ

サクッと気軽に使える英語を身につける!

英語を話したければ、まずは口に出してみるべし!!

f:id:a-yutaka724:20170403013804p:plain

こんにちは!青木です。

英語を話してみたいけど、どうやったら話せるようになるのか分からない…。
外国人に道を英語で道を聞かれたときに聞かれたときに、かっこよく助けてあげたい!
などなど、英語を話せるようになりたいとは思うものの、話すための方法が分からない方がたくさんおられます。

そこで、今日は、英語を話す方法についてお話しします!

 

テストができなくても英語は話せる!!

時々、TOEIC満点を取得しました!という人が、意外と英語を話すことができなかったりすることがあります。
え、英語ができる人が話せないことなんてあるの!?と思う人もいるかもしれませんが、私もびっくりしたことなのです。

外国語大学に進学して、「うわー、きっとみんな英語はペラペラで、教室とかでは英語が飛び交ってるんだろうな――(0v0)」と、期待と尊敬と夢と希望でワクワクして教室に入ると、「えー、それヤバくなーい??」という、品のない日本語が飛び交っていて、理想がガラガラと音を立てて崩れ去ったのを覚えています。

まがいなりにも英語専攻生のクラスで、TOEIC高得点保持者も多くいるクラスで、くだらない日本語ばかりが聞こえてくるのが苦痛でした。

さらに、授業が始まってカナダ人の先生と話す時間になっても日本語で話し続けたり、英語を話し始めたと思っても、べたべたの日本語なまりイングリッシュ&文法がめちゃくちゃ&稚拙なボキャブラリーの三つ巴で、本当にびっくりしました。

ただ、立派な英語の資格を持っていなくても、英語を話せる人はたくさんいたことも事実です。

教員養成系の授業を受けたとき、周りの意識の高さに驚愕したことを覚えています。みんなが英語を話しているのです。「英語を教える人間が、英語を話せなくてどうする!?」という、担当の先生の指導もあり、クラス全員が精一杯英語を話そうとする姿勢に感銘を受け、私も頑張って英語を話したものです。 ちなみにそのクラスで親しくなった人は、ほとんどが「TOEIC300点です!」という人でした。

英語を話すのに、テストができる必要は無いんですね。

 

まずは口に出してみること!!

英語を話すための一番の近道は、ずばり英語を口に出して発音してみることです。

日本人の性質でもありますが、「変な風に英語を組み立てたりしたら、笑われちゃう…」など、失敗することを恥に思ってしまって、英語を口に出すことをためらってしまうことが多いです。

確かに、ミスったら恥ずかしいっていう気持ちはすごくよくわかるのです。でも、恥ずかしがっていつまでも話さずにいると、一生英語を話せるようにはなりません。折角英語を話せるようになりたい!と思い立ったのに、恥ずかしいから挫折するのって、とてももったいないですよね。

なので、本気で英語を話したければ、勇気を出して一歩踏み出すしかないのです。

 

恥ずかしがり屋な人におすすめの英語教材

とはいえ、やっぱり英語を話す勇気が出ない人もおられると思いますし、街へ出ていきなり外国人に話しかけることができる人はなかなかいませんよね。

そこで、人と英会話をするためのトレーニングとして使える、日本人にはもってこいの英語教材をご紹介します。

英語で話すための短期独習セット★
聴いてマネして50代デビュー【タッチ&トライ】


専用のタッチペンでテキストにタッチするだけで、英語の音声が流れる教材です。聴こえてくる音声の真似をして、英語を実際に口に出して練習することができる優れものです。

学習期間の目安は約3か月で、初心者の方でも楽しめるよう、「はじめての英会話」「おもてなし」「海外旅行」などバラエティに富んだメニュー構成になっているので、初めからビジネス英語など高度なものから取り掛かるのはハードルが高いなと感じる人に向いています。

なにより、「英会話教室に通う時間が取れない」という人には、自宅でいつでも勉強できるメリットがありますし、「文法の勉強は面倒くさい」という人には、これは音声の真似をして練習する教材ですので、テストでいい点数を取ることは目的にしていません。

ただもちろん、この教材を勉強したからと言って、すぐに英語がペラペラになるわけではありません。英語を話す前のトレーニングにはもってこいですが、やはり英語を使いこなせるようになるには、人とコミュニケーションをとることが必要不可欠です。

なので、ますはこの教材で英語を話す練習をして、自信をつけてから、人と英会話を楽しんでみてはいかがでしょうか??何事も段階を踏みたい日本人にはちょうどいい勉強方法ですよ♪



ではまた次回お会いしましょう!
See you next!

海外のレストラン、お会計の済ませ方は?

f:id:a-yutaka724:20170301171159p:plain

今日は水曜日、海外旅行で使える一言をご紹介します!

海外旅行の楽しみの一つといえば、グルメですよね。

日本と違う文化の中で食べるごはん…。
土地土地で味わう名物料理…。

店員さんにおすすめを聞いて注文するのも楽しいですよね。

さて、おいしい料理を堪能した後は、
お会計をしなければなりません。

日本だと、レシートをもってレジに向かいますが、
海外ではレジコーナーのような場所がないことが多いです。

注文するときと同じように店員さんを呼んで、
「お会計お願いします」と言って、レシートを持ってきてもらい、
その場でお金を支払います。

では、「お会計お願いします」は英語で何と言うのでしょう?

 

"May I have the check?"

「お会計お願いします」は英語で、
"May I have the check?"と言います。

日本と違って、お会計時にはレシートを店員さんに持ってきて
もらわないといけないので、「持ってきてくれませんか?」の
言い方になります。

レシートのことは"check"と言います。

「チェックする」の意味もありますが、ここでは
お勘定」の意味で使います。

もしも"May I have the check?"と言うのが難しいときは、
"Check, please?"でも十分通じます。

ただ、受け取る側には少しカジュアルに伝わるため、
お店の雰囲気や店員さんとの関係を見ながら使い分けましょう。

美味しい料理を味わって、かっこよく会計をして、
気持ちよくお店を出ることができたら、パーフェクトです!

See you next!

英語の電話がかかってきたら

f:id:a-yutaka724:20170301002537p:plain

今日は火曜日、ビジネスで使える英語の話をします。

英語で電話がかかってきたら?


普段仕事をしていて、海外の顧客から英語で電話がかかってきた
ことはありませんか?

いつもなら、なんとなくマニュアル通り応対するものの、
突然英語で話しかけられるとパニックになります。

英語で電話がかかってきたときに大切なのは、
まず落ち着いて相手の要件を理解することです。

それができないから困ってんじゃん!て話ですが、
言葉が英語であれ日本語であれ、相手の伝えたいことが分からないと
どうしようもありませんよね。

だからこそ、まず相手の話を聞くことです。
話し方が速くて聞き取れないときは、ゆっくり話してもらうよう
頼みましょう。


Could you speak slowly, please?

と言うことは、全く失礼に当たりませんので、
気兼ねなくお願いしましょう!



使えるフレーズ5選

いつも日本語で使っている電話フレーズを英語で言うとどうなるか、
使えそうなものを5つご紹介します。

①どのようなご用件でしょうか?
→May I help you?

直訳すると「お助けが必要ですか?」ですが、ビジネスでは
相手の要件を聞くときに使います。

お店では「いらっしゃいませ」の意味にもなります。

②恐れ入りますが…
→I'm afraid but...

"afraid"は「怖がる」という意味ですが、「恐縮」の意味もあり、
ビジネスではクッション言葉として使うことができます。

③少々お待ちください。
→Please hold the line for a seconds.

"hold the line"は「線を保持する」、つまり「電話のアクセスを
保っておいてね」ということです。

④伝言を承りましょうか?
→Would you like to leave a message?

ここでの"leave"は「残す」の意味です。
そして、ビジネスでは"do you want to...?"で伺うのではなく、
"Would you like to...?"です。

⑤名前をお伺いしてもよろしいでしょうか?
→May I have your name, please?

「あなたの名前を持ってもいいですか?」のように尋ねると、
英語では丁寧な言い回しになります。

以上、簡単にでしたが、どれもすぐに使えて、できるだけ
シンプルで覚えて頂きやすいものを選んでみました。

もしもの時に、使ってみてくださいね。

See you next!

英単語「melt」

今日は月曜日、今週の英単語をお届けします。

 

今週の単語「melt」

今週の英単語は、
melt
意味は「溶ける」です。

一般的にはチョコレートなどが溶けることを
表現するのに使います。

f:id:a-yutaka724:20170227230313p:plain



お菓子にもメルティーキスという
美味しいチョコがありますよね。

「溶けるようなキス」と、なんとも大人な
雰囲気を出すときにも使える単語です!

-例文-

▽I am sad to see the snowman melts outside.
 (雪だるまが溶けて悲しい。)

▽She and I was dancing in melty love.
 (彼女と僕は溶けるような愛の中で踊っていた。)

また、「~の中に溶け込む」や「心が和らぐ」などの
意味もあります。

-例文- ※Weblioより

▽The sea seemed to melt into the sky at the horizon.
 (水平線のところで海が空に溶け込んでいるように見えた。)

▽Her heart melted at this sight.
 (この光景で彼女の心も和らいだ。)

いかがでしょう?

単純にモノが溶けること以外にも、比喩表現があったり、
抽象的なモノが空間に馴染んでいくような意味でも使えます。

たった4文字の単語ですが、奥が深いですよね。

もし機会があれば、あなたの愛する人に使ってみましょう!

See you next!

海外旅行の準備は大変

今日は日曜日、お楽しみ日記を配信します!
勉強ばかりだと疲れてしまいますので、息抜きも必要ですよね。

今回は、私が初めて海外旅行に行った時に困ったことをお話しして、
これから初めて海外旅行へ行こうとする方々へのアドバイスになれば
と思います。


初めての海外旅行

初めて海外に行ったのは、大学1年の時でした。

長期の休みがあったので、友人たちとどこか旅行に行きたいなあと
話していましたが、折角外国語学部に入ったんだし、行くなら
海外でしょ!と安易に決まりました。

行先はタイ!4泊5日でバンコクを訪問することにしました。

たまたま海外旅行経験者が一緒だったので、私はとにかく
行きたい場所、食べたいものを伝えまくり、細かい調整は
お任せ状態でした。

今思えば相当わがまま放題だったなと思います。笑

計画を立てている時に感じたのは、海外旅行は国内旅行と違い、
事前準備が大変だということです。

ツアー旅行は時間的な束縛があって嫌だったので、飛行機や
ホテルなど自分たちで探したのですが、本っっ当に面倒でした!

日本でなら土地勘もあるので、ある程度間違えても対処できますが、
海外だと滞在する地域がどのような土地なのかが分かりません。

安全なのか、近くに駅やバス停はあるのか…、ある程度までは
ガイドブックに載っていますが、実際のところは訪れてみないと
分からない
部分がありますね。

いくらネットが発達した世の中とはいえ、完璧に事前準備してから
出発するのは至難の業です。

なので、初めて海外に行くときは、だれか経験者に相談するか、
ツアー旅行にした方が安心だと思います。

変なところに滞在して、危ない事件に巻き込まれたりすると、
旅行どころじゃなくなりますし、トラウマモノですもんね。

まずは賢い方法を学んで、徐々に経験値をためていってから、
自分なりのオリジナル旅行を創り出してみてはいかがでしょうか。

いいプランができたら、ぜひぜひ教えてください!

See you next!

おすすめ!英単語の勉強方法

今日は土曜日、英語の勉強方法についてお話しします。

皆さんはどのように英単語を覚えますか?

単語をひたすらノートに書いて覚える人もいれば、
単語カードをペラペラしている人もいますよね。

人それぞれの方法があって当然ではありますが、
事実、効率の悪い方法というのもあり、たくさん
時間をかけていても中々成果が出ない方もおられます。

そこで、今回は私のお勧めする単語学習方法をご紹介します。



英単語学習の目的

「英単語を学習する」とは、単に暗記することが目的ではありません。

例えば「local」の単語は「地方」を意味しています。
「localは地方ね、OK、次!」と完結してしまっては、
非常にもったいないのです。

「localize」「localization」など単語を変形したり、
反対の意味を持つ「global」を覚えたり…。
一つの単語をどんどん派生させていくことで、その単語の持つ
イメージ、ニュアンスを掴むことができ、深く記憶に残るのです。

ですので、これから英単語の学習をされる方は、単語の丸暗記ではなく、
単語のイメージを把握すること」を目的にして欲しいと思います。



単語学習の方法

さて、肝心の単語学習の方法ですが、
単語を覚えようとしないでください」。

??いったい何を言っているんだ?
と思うはずです。

具体的には、単語を覚えようと意識して、
腱鞘炎になるまで単語をノートに書いたり、
お経のように唱え続けるのは、あまり効果的ではありません。

単語は「10回見聞きすれば自然と記憶される」のです。

例えば「inspire」をパッと見ても、
一般の人は中々意味が出てこないものです。

しかし、日立のキャッチコピーの「inspire the next」に
「inspire」が用いられていたりなど、日常の至るところで
同じ単語を目にする機会があります。

「あ、あの単語だ。どういう意味だっけ。ああ、鼓舞する、ひらめくか」
このプロセスが10回繰り返されることで、自然と単語は覚えられます。

もちろん、ただ単語を眺めているだけでは記憶するのは難しいですが、
単語に出会う度に意味を確認するだけでも十分効果があります。

この覚えようとしない記憶方法を、自然記憶法と呼んでおきましょう。

この自然記憶法は、赤ちゃんが言葉を覚えるプロセスに似ています。
赤ちゃんは母親が話す言葉をノートに書いたりしませんよね。
にも拘わらず、ある日突然「ママ、ママ」と言ったりします。

これは、母親が「マ、マ、ママだよー」など、何度も同じ言葉を繰り返すうち、
赤ちゃんの頭に自然と記憶されているからだと言われています。
そしてその記憶された「ママ」という言葉を実際に声に出してみることで、
周りの反応(フィードバック)をキャッチして、「ママ」の意味を把握するそうです。

つまり、「ママか…。どういう意味だろう?言ってみよう。あ、
言ったら目の前の人が嬉しがったぞ…。そうか、ママはこの人の
名前なのかもしれないな」とか考えているのかもしれませんね。
自然記憶法は、人の本能的な部分を活用した記憶方法だと言えます。



まとめ

単語学習は、単語の持つイメージやニュアンスを掴むことが目的であり、
決して単語の意味を暗記することだけが目的ではありません。
暗記よりも深く、そして自然に記憶に残すためには、
日常生活の中で何度も単語に出会い、その都度意味を
確認することが大切です。

何度もノートに書くよりは簡単で、しかも効果的でもあるので、
よかったら皆さんも一度試してみてくださいね。

また次回、よろしくお願いします。

See you next!

明日は明日の風が吹く

今日は金曜日、映画の中の名ゼリフを紹介します!

今週の名セリフ

「After all, tomorrow is another day.」
明日は明日の風が吹く

f:id:a-yutaka724:20170224101939p:plain


風と共に去りぬ(1939年)より

カッコいい一言ですよね!
直訳すると、「結局、明日は別の日なのだ」となります。

「After all」は「結局」という意味を表します。

この熟語は受験にもよく出てくる言葉で、英語の文の途中で
出てきては、受験生を苦しめています。
ただ、こうして映画の名ゼリフとともに覚えると、
印象に残りやすいのではないでしょうか。

「another」は「別の」という意味を表します。

例えば、使っているペンが壊れて、新しいものと取り換えるとき、
「another」を使います。


A: I have used this pen for 2 years.
 (このペン、2年も使ってるんだよ)
B: Why don't you exchange it to the new one?
 (新しいのと取り換えたら?)
A: Yeah, I want another one.
 (うん、別のが欲しいよ)
このようになります。

今使っているペンを取り換えて、新しい別のペンを…、
と言うとき、「another」を使うことができます。

新しい」の意味でも使えるので、「another day」だと
「新しい日」、つまり「明日は明日の風が吹く」となるのでしょうね。

「Tomorrow is another day.」だけでも使えるので、皆さんもぜひ
チャンスを見つけて、使ってみてください!
私も今度、授業で使ってみます!

See you next!